【微忙録】

明日の自分への覚え書き

生きて在ると報せを告げる

前回の投稿が6月の20日と、わかりやすく更新を怠っていたが、体調に不良を来したわけでも、飽きたわけでも、過酷な労働条件に辟易したわけでも、ましてや世を儚んだわけでもない。確かにこの頃の気温と湿度は私の体を日々苛み、融点が恐らく摂氏45℃*1であるところの私の肉体は今か今かとアスファルトに染み込む時を待っている気がしないでもない。しかしながら私は至って健康であり、頭の片隅には常にこの落書きじみた文章群についてが存在し、存在するかも分からない架空の読者諸兄が更新を急かしているのだ。

 

私の更新スタイルとしては、雑多に書き貯めた文章を、20:00に予約投稿をし、それをおよそ一週間毎に*2実行するのを繰り返すものだ。今現在下書きのストックは幾つかあり、あとは予約投稿して世に放流するだけなのだが、ここに一つだけ問題があり、それが更新を阻むのである。

 

「これは本当に面白いのか?」の病である。実に不治の病なのだ。そもそもこのブログは自分の考えを多少なりとも整理して、後に見返し、「この時はこんな事を考えていたなあ」などと感傷に浸る(予定の)、その名の通り備忘録のつもりで執筆にあたっているわけだが、更新直前に読み返した時点で、あまり面白くなかった場合、更新予約を取り消すのだ。自分で読み返すことを想定して書いている手前、今現在の自分が読んで楽しめないものを後の自分に向けて形にする必要はないのだ。

 

当たり前だが、予約を取り消した原稿は熟成させれば面白くなるということはない。創作活動、ましてやデータという媒体に関して、電子的微生物や電子的酵母が存在しない以上、腐敗も発酵もしない。予約を取り消した状態を半永久に保ってしまうのだ。故に手直しをすべきであり、事実手をつけるのだが、直せども直せども改善の余地が見つかり思考の螺旋に陥るのだ。これが病である。結果として、手直しをしすぎて最終的に笹掻きの行き過ぎたゴボウのように尖り果てた極論の塊が産まれるのだ。見るに耐えない無残な痛々しいそれをネットの海に放つのは心苦しく不快なことで、何より無責任だ。私はSNS*3で放り投げていた取り留めも中身もない散文的な投稿に無益さを感じてしまい、長文に鞍替えを図ったので、あまりにも中身がなく短い文章を投稿してしまっては元も子もないと感じてしまうのだ。ただ、これを繰り返していてはそれもまた無益で無価値であるので、どこかで区切りを付けて完成とするしかないのかもしれない。

 

言い訳がましくこれを書いて投稿して、一体何が言いたいのかというと、非常に簡単だ。つまり、今日も私は平和に生きているということなのだ。

 

ループ (角川ホラー文庫)

ループ (角川ホラー文庫)

 

 

 

*1:原子番号19 Kカリウムの融点は64℃である。

*2:更新日時を見て頂ければ一目瞭然だが、この男はよく忘れる。

*3:主にTwitterである。

深・めくるめく電子頁

先回の記事めくるめく電子頁 - 【微忙録】電子書籍が便利だ使えと中身のない言葉を並べ立て宣った私なのだが、私自身電子書籍に特化したデバイスは所持しておらず、専らPCとスマホで読書に勤しむ日々であった。

そんな状況から一念発起し、とうとうと言うべきか、やっとと言うべきか、Kindleアプリでは飽き足らなくなった私はKindle端末を購入した。

Kindle Paperwhite マンガモデルである。

Kindle Paperwhiteという現行の端末を、マンガをよく読む日本人向けにアップグレードしたものであり、日本でしか販売していない。その大きな違いは容量であり、基本的に容量が4GBであった既存の端末と比べ、8倍の32GBとなっている。小説は言うに及ばず、平均的なコミックスならば500冊前後を収納できる容量と考えていただけると理解しやすいと思う。

これはiPadやKindleFireなどのタブレットとは異なり、正真正銘、電子書籍を読むためだけに存在しているデバイスだ。

どのようなツールにおいても「特化している」ということはそれ自体が非常に重要な事であると思う。例えるならば、ゆで卵を輪切りにする際、包丁を使えば数モーションかけて大きさの統一性のない輪切りゆで卵が生まれるのだが、ここでゆで卵を輪切りにするマシーン*1を与えられた場合を考えてみてほしい。そこには雑念も発想転換も介在する余地はなく、ただ一つの工程を踏むだけで輪切りにされたゆで卵が完成する。おまけに何度繰り返しても同じ幅で輪切りが出来る。

タブレットを包丁とすると、Kindleはさながらゆで卵を輪切りにするマシーンだ。いや、そうなのか?

 

SALUS 縦横兼用 卵切器

SALUS 縦横兼用 卵切器

 

 

電子書籍を読む、買う以外の機能が徹底的に廃されている上、読みやすさや画面の光の調子においてはタブレットよりも現実の書籍に近いものになっている。質感がガラスの画面らしくない、マットな仕上がりなのだ。その上、暗いところでもバックライトによって読む事ができるという、アナログの良いところとデジタルの良いところを併せ持ったような都合の良い読書を可能とするのだ。

読書中にSNSやメール、ソーシャルゲームの通知が来ることもないし、ふとした拍子にネットブラウジングを始めてしまう可能性もない。紙の書籍を読んでいた頃と同じく、言うなれば本来在るべき読書体験が戻ってくると言ってしまっても過言ではない。バッテリーはフル充電から短くとも1週間近く保つので、スマホタブレットのようにしつこくバッテリー残量に悩まされることもなくストレスフリーだ。

痒いところを挙げるとすれば、電子インクという私には及びもつかない謎の技術によって、紙の質感が表現されている影響なのか、カラーは出力されず、グレースケールでの表示のみである点である。実際に触ってみると思うのだが、ワープロ*2の画面に近い。しかしながら、新型がコンスタントに発売されている本端末の事なので、更に快適な電子書籍ライフを送るべく、今後カラー表示が可能になる事や、防水機能が付加される事、UIがより直感的に、スピーディになる事にも期待をかけて、私はそっとAmazonレビューに☆4を付けるのだ。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

 

 

 

*1:どうやらエッグカッター、ないしは卵切器という呼称があるらしい。目から鱗である。

*2:ワードプロセッサー:wordソフトしか搭載されていない白黒のパソコン

バブみとオギャり

ママーーーーー!!

 

今日もSNSでは母親を呼ぶ声が飛び交う。

彼らの発するママとは、実の母親でも義理の母親でもなく、精神的な母親を指している。

少し前からバブみ、だとかオギャりという言葉がオタクたちの間で少なからず浸透している。

私の記憶の限りでは、近いところだと艦これの雷、アイドルマスターシンデレラガールズ赤城みりあなどが、この言葉が大きく流行した際の立役者であったと思う。掘り起こせば機動戦士ガンダムのシャアがララァに対して持つ感情もバブみらしいのだが、ガンダムに関しては造詣が深くないのでここでは触れないことにする。

 

ここまでの話で何のことやら、と思う方々に簡単に説明をすると、年下の女性に母性を求めることである。

本来母性というのは、呼んで字の如く母親が持つ、子供を守り、育て、無償の愛を捧げる性質のことを意味する。母親に限らずとも、年上の女性の持つ包容力など精神的な安らぎを与えてくれる性質の事を指すこともあるようだ。

 

母性を求める対象が母親でなく、現実の女性でもない二次元のキャラクターになり、あまつさえそのキャラクターは年上でもない。この三段階のパラドキシカルをいとも簡単に跳躍し、バブみを求めオギャリティに浸るオタクが増殖しているのだ。三段階飛ばしの深刻さをデジモンで例えるならば、コロモンがウォーグレイモンに進化する事と同義であるので、どれだけ大変なことか理解頂けるだろうか。

 

母性を求める精神は承認欲求、もしくは純粋なキャラクターへの愛から生じていると考えられるが、その形は時代とともに変化しているように思える。かくいう私も20年と少ししか生きていないので正確な変遷の歴史は把握していないのだが、少なくとも2010年ごろは「俺の嫁」という言葉が横行していたように思う。これはキャラクターへの愛情が限界を超えたオタクが、自分はこのキャラクターを愛しており、その愛情は閾値を超え、もはや配偶者と表現しても問題がないレベルであり、重ねて言うとその関係性は不可侵であるという主張を僅か三文字で表現したものである。こんなところで日本語の妙を感じたくもなかったのだが、恐らく遠からずなことを当時このセンテンスを使用していたオタク達は意識的、無意識的に関わらず感じていただろうと思う。ただ物事、とりわけ言葉には流行り廃りがあり、流行るにつれてこの言葉を用いるカジュアルなオタク達が増えるにつれて、言葉の持つ重みは減っていき、やがて知らぬ間に消えていったように思う。今考えてみればこの「俺の嫁」なる言葉は当時のオタク達の、二次元のキャラクターを自ら扶養してやろう、という気概を少なからず感じる。

対して昨今の母性を求める「バブみ」は大きく方針を転換しており、自らの立ち位置を被保護者へ移している。自分を弱者へ、もしくはキャラクターを母という強い存在へと都合よくコンバートし、その位置に安住する。つまり自身の感じたままにキャラクターを再構成しているのだ。本来そのようなキャラクター性を持たないものにも、意識の持ち方により母性を付与することができるのだ。これはキャラクターの造形を借りた傀儡妄想となるのか、それともキャラクターの新たな可能性を開拓する一歩となるのか、それは恐らく各々の中にあると思われる。

この社会は、精神的な自立は問わずただ年を重ねただけで大人と見なされ、周囲から自立や自覚を絶えず求められることになる。社会人ともなればそれは当たり前であり、より顕著なものとなる。そんな境遇に陥ったとき、人の優しさに触れる機会が少なく、周囲からの圧力や軋轢で磨耗してしまったオタクたちの精神は、心のバランス、平穏、安寧を保持するために防衛機制を働かせ、自分を保護される側へ退行させるのだ。少しでも苦しみの少なかった世界、原初へと回帰しようとしているのかもしれない。

 

 

 

 

めくるめく電子頁

電子書籍が便利である。

 

電子書籍

電子書籍とは、紙とインクを利用した印刷物ではなく、電磁的に記録された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいう。そのため目次、ページ送り、しおり、奥付など書籍としての体裁を整えたものが多い。再生には電子機器のディスプレイのほか、スピーカーが必要な場合もある。電子書籍はソフトウェアであるコンテンツだけを指すが、ハードウェアである再生用の端末機器(電子ブックリーダー)も重要な要素である。電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック、オンライン書籍とも呼ばれる。

(Wikipedia当該項目より)

 

ここ数年でタブレットの普及と訪れたこのコンテンツに、生活を支配されそうになっている。いや、既にされている。

書物を読みたい、買いたいが、いかんせんスペースは有限である。買ったものを古本屋に持ち込み売却することに関しては非常に抵抗があるくせに、蓋を開けてみると紙媒体に関して特段の拘りがあったわけでもない私には、すんなりと電子書籍に順応することができた。

ちなみに、書物などと高尚な表現をしているが、私の読書遍歴など漫画とライトノベルだらけである。

 

 電子書籍の利点としては、以下の点が挙げられる。

 

続きを読む

桃太郎面接

f:id:ajaisan:20170520144804p:image

桃太郎はずんずん行きますと、大きな山の上に来ました。すると、草むらの中から、「ワン、ワン」と声をかけながら、犬が一ぴきかけて来ました。

桃太郎がふり返ると、犬はていねいに、おじぎをして、

「桃太郎さん、桃太郎さん、どちらへおいでになります」

とたずねました。

「鬼ヶ島へ、鬼の討滅に参ります」

「お腰に下げたものは、なんでございます」

「当社のきびだんごです」

「ひとつわたしに下さいな、お供をしましょう」

「犬さんを雇用する事は当社にとってどのようなメリットとなるとお考えですか」

続きを読む

努力をすれば報われるのか

表題の通りである。

「努力をすれば報われる」という言葉があるが、そもそも努力というものは何なのか、そこにいかほどの価値があるのか、今回はそんな、過程と結果の話である。

努力(どりょく)とは、目標を実現するために、心や身体を使ってつとめること。

広辞苑第五版 当該項目より

と、かの大辞典にも記されている、現代においてはこれが努力という行為の持つ一般的な定義と言っても差し支えないであろう。

努力とその結果については、基本的に以下の四つに大別することができる。

A...努力をして、成果(成功)に結びつく。

B...努力をして、成果(成功)に結びつかない。

C...努力をしていないが、成果(成功)に結びつく。

D...努力をしていないし、成果(成功)も得ていない。

努力というものは、目標を達成するための行為であるから、結果として何らかの成果を得る必要がある。

ここで問題となってくるのは、努力をすればするほど、つまり頑張れば頑張った分だけ、必ず自ずと結果が出てくるなどという事はない、ということだ。そんな法則があれば、世の中のどんな人間でも努力を惜しむことはないはずだ。

ではなぜ、努力をする人間、しない人間に分かれるのか?それは、努力という行為に必ずしも見返りがあるとは限らないと、誰かに教えてもらうまでもなく、経験から勘付いているからに他ならない。

続きを読む

黒歴史

黒歴史を焼かねばならぬ。

新入社員として仕事に就くのに際し、生まれて初めての一人暮らしを余儀なくされた。故郷である大都会名古屋市を後にし、人外魔境東京都へと単身、居を移したのだ。東京都民というブランドを手に入れる代わりに、家族(主に愛猫)と離れた生活を強いられたのだ。とは言っても、他でもないこの私が関東圏の勤務を希望した張本人なのだが。

引越しをするにあたり、断捨離に断捨離を極め、私の二十余年は、段ボール箱にして凡そ六つ分に換算された。数年間触れもしなかったものから、大学で使っていたものまで、一切の感情を排して実用性の無いものを捨てまくったのだが、唯一、その機械的処理が及ばなかった物品がある。

f:id:ajaisan:20170508194737j:image

黒歴史ノート。地獄の蓋もかくやといった様相を呈している。

続きを読む